薄くてムラなく光る両面看板

若い力と発想が生んだ「薄くてムラなく光る両面看板」

若い営業担当者が「両面看板をさらに薄くしたい。」というお客様の声を耳にしました。
社内に持ち帰り早速検討を始めましたが、蛍光灯をLEDに変更することで看板は薄くなりますが、光源から板面までの距離が近くなるため、光りムラという難題が持ち上がりました。
試行錯誤が続く中、ある若い技術者からの「“高輝度LEDで遠くまで光らせる”のではなく、“標準輝度LEDで均一にレンズで遠くまで光らせる”」という提案が突破口となりました。
実際にお客様の看板に試作品を取り付け、“看板のプロ”のご意見を頂きながら調整を重ね、最後は若手のアイデアがどうしても消えなかったムラを解消しました。
若手にもどんどん案件を担当させるうち、着実に芽吹いている“若い力”。 彼らが生み出す製品がさらに大きな成果をあげるでしょう。

これまでと全く違った発想からうまれた「シャイニングアクシス」ネーミングは、客様の声を汲み取ってきた営業担当者が真っ直ぐに進む光から「軸(axis)」をイメージし、当社の軸になる製品に成長させたいという思いから名付けました。

シャイニングアクシス製品情報

ページトップへ