沿革

1985年12月 昭和60年 東京都練馬区関町北にオプトエレクトロニクスを主体に独創的技術による独自製品の開発・設計・試作・販売を専門とする「株式会社日本光波」を設立。
受注品の製造・検査および出荷は「瑞穂電装株式会社」に委託。
1986年10月 昭和61年 “自動販売機用キーボード”の販売を開始。
1987年8月 昭和62年 “自動販売機用連動ボタン”の販売を開始。
1988年9月 昭和63年 新潟県中魚沼郡津南町に“自動販売機用連動ボタン”などの製造販売を目的に「株式会社オプシード津南」設立。
1989年10月 平成元年 「瑞穂電装株式会社」と合併、生販一体となる。
1989年11月 平成元年 「株式会社光波」に商号変更。
1990年8月 平成02年 東京都練馬区東大泉に本社移転。
1991年1月 平成03年 静岡県引佐郡細江町に「浜松工場」を新設。
1992年10月 平成04年 “自動販売機用金額表示器の製造販売を開始。
1993年6月 平成05年 “液晶用LEDバックライト”の製造販売を開始。
1994年10月 平成06年 独自構造の“ドットマトリックスユニット”を開発、“自動販売機内蔵型メッセージボード”を製品化。
1995年3月 平成07年 JR東日本東京圏輸送管理システムの端末装置として“出発時機表示器”を納入、設置。
1995年3月 平成07年 愛知県名古屋市熱田区に「名古屋営業所」を開設。
1996年3月 平成08年 JR(大船駅)向けの“発車標”を開発、設置。
1997年5月 平成09年 バングラデシュに現地法人「Op-Seed Co.,(BD)Ltd.」を設立。
1998年2月 平成10年 “映像表示機器用フルカラードットマトリックス”を開発、販売を開始。
1998年2月 平成10年 兵庫県姫路市に「姫路営業所」を開設。
1998年7月 平成10年 株式を店頭市場(現JASDAQ)に公開。
2000年2月 平成12年 赤・青・緑の3色LEDランプ(3in1)を開発、製品化。
2001年7月 平成13年 浜松工場 ISO9001取得。
2002年4月 平成14年 東京都練馬区向山に本社移転。
2004年3月 平成16年 IS014001取得。
2005年11月 平成17年 埼玉県鶴ヶ島市に「物流センター」を開設。
2006年4月 平成18年 広告看板用バックライト「シャイニングアイ」を開発、販売開始。
2008年5月 平成20年 株式会社タムラ製作所によるTOBにより、同社の連結子会社となる。
(株式会社タムラ製作所の持株比率:52.1%)
2008年8月 平成20年 LED電球「シャイニングボール」を開発、販売開始。
2009年4月 平成21年 名古屋営業所を愛知県名古屋市名東区に移転。
2010年8月 平成22年 姫路営業所を大阪府吹田市に移転し「大阪営業所」を開設。
2010年9月 平成22年 「ボードライト910」が2010年度グッドデザイン賞を受賞。
2011年8月 平成23年 株式交換により株式会社タムラ製作所の完全子会社となる。
2013年1月 平成25年 本社 ISO9001取得
2014年9月 平成26年 東京都練馬区東大泉に本社移転。(タムラ製作所東京事業所内)
ページトップへ